車両保険いらなかった・・・

車両保険いらなかった・・・

とある代理店(銀行など手広くやっている)で、自動車保険に加入したのは25歳のBさん(女性)です。

 

見た目はしっかりしているようですが、本人曰く「そうでもないんです。」と謙遜しているご様子。
Bさんは何故、そこで保険に入ろうと思ったのでしょうか?
「いや、実はそこしか知らなくて・・・」と驚きの答えが!
「他のところで自動車保険扱っているところってどこがあるんですか?」と、逆質問をされてしまいました。
若いってことはこういうことなのでしょうか?(ゴメンナサイ)

 

車の免許は18歳で取得したようで、高校を卒業してすぐに就職したので親元を離れたようです。
会社の寮に住み、駐車場もあったことから車の購入となったようです。
運転にはあまり自信がないので、軽の中古車を購入。中古車といっても車検を1回したばかりのまだ新しい車。
「実は、車の運転をするのが怖くてあまり運転していません・・・」
乗らないとだんだん運転できなくなりますよ。

 

保険の契約内容について聞いたところ、「おまかせしてプラン立てて貰いました」
保険の内容は、もちろん「通勤使用」で、「車両保険」も加入。
なんだか便利そうですがあまり意味のなさそうな、特約にも加入している始末。
「自動車保険のことについて同僚と話す機会もないので、こんなものだと思っていました。来年からは契約内容考えます」
寮住まいだから金銭的にも余裕があるのか、そんな返事が返って来ました。

 

Bさんは、外出時に誰かに怪我をさせたり、ものを壊したときにも補償されるプランにも加入。これは、小さい子供がいるファミリーなどが入ると恩恵がありそうですが、Bさんのような独身の女性が加入しても意味がなさそうです。
Aさんと同じように、通勤使用や車両保険もいらないですね。車も近いうちに買い替えるようですし。